稲葉尊治と、栄養の話し。

「食べるって、幸せだ・・・。」

自分の事になってしまいますが、
僕は、もともと、もの凄く頑丈でした。
元気というか、タフというか。
心身ともにです。

ですが、
全国をまわって、言葉を書いている中で、
本当に、心身ともに、「ヤバい」ということを実感するようになりました。

大変大変申し訳なかったのですが、
それこそ、無気力や、ウツといわれる状態、朝起きれない、人ごみで吐き気がする・・・
という状態の方の気持ちがまったく分からなくて、
「なんで、そうなるの?ほんと?」とさえ思っているほどでした・・・。
本当にすいません・・・。無知無脳でした・・・。
極端にいうと、「お腹が痛い」ということすら、僕、分からなかったんです。なんでお腹が痛くなるの?みたいな。
頑丈にも程があるのですが・・・。

それが、今思うと無茶を超えたハードスケジュールを重ねた中で、「ヤバい」という実感に至りました。
考える事も、思う事も、それこそ、お金の使い方や睡眠時間、全てにおいて、「無理」が出ました。
それでも、ポジティブな心はなんとか動こうとしていて、
「書かなきゃ、いかなきゃ、喋らなきゃ」という意識が出てきて、本当に、参っていました。
毎晩鼻血がでて、毎朝吐いて・・・という日々を重ねるほどになりました。

おかげで、様々な経験をしたという意味でよかったです。苦しいのも必要でした。

さて、
そんな時期のおかげで、
学びへの入り口は、ちょっとずれていたのですが、
「どうやったら、いつも元気で、言葉をやれるか」という意識が出てきました。
健康、栄養、体の構造への強烈な興味として出てきて、学んで、試しました。

医療っぽい話しになってしまうので、よく考えて書かなくてはいけませんが、
まず、『大切なのは「日々の食事」である』という声は、
まさしくその通りだと思います。

ライフスタイルの変化が人生を変化させるなんて、
言葉遊びのようですが、
時間・食事・環境(住まいや労働、人)を、
どう捉え、どう実践するか・・・が、
人生であって、未来であると思います。

で、
その中で、栄養ですね。
日々の食事、大切にしていますか?
コンビニやファーストフードも、
便利でありがたく、助かります。
それでも、それらは、あくまでも、「日々の、食事」があってこそ、
急な時や様々な状況の時にしょうがなくて頂くものです。

日々の食事、
僕たちには、日本人の遺伝子が組み込まれているので、
それらの遺伝子達が喜ぶように、頂きましょう!
まずは、発酵食品!
そして、これまた全国にたくさんいる、
元気で健康な食材をつくってくれている人たちに敬意を持ち、
買わせて頂きましょう!

すっげ〜うまい高級食はお高いですが、
本当に美味しい食材は、普通のお値段です!

住環境と同じように、
皆さんの日々、未来を支えるのは、日々の食事。

いいライフスタイル、構築しましょう〜。

栄養の事もまた、やがて書きますね。


稲葉尊治